【性奴隷】1人目:アキコ 26歳

過去に性奴隷として調教してきた女性達との出来事をまとめています。

最初の性奴隷として調教したのは、26歳、アキコ。
とある2ショットチャットで知り合いました。
色白で、美人の部類に入ると思います。

【性奴隷】1人目:アキコ

  • 年齢:26歳
  • 職業:OL
  • 調教期間:2005年8月~2007年3月
  • 出会いのきっかけ:2ショットチャット
  • 身長-体重:162-49
  • 経験人数:2人

、、、もう6年以上前のことですが、
この頃は、2ショットチャットで日々新たな女性を探しては、
色んなエッチを堪能していました。

当時はノーマルセックスに毛の生えたような、
ソフトなプレイが多かったのですが、
その過程で、一人の女性を継続して「調教」し、
性奴隷として仕込んでいきたい、
といった欲望が生じるようになりました。

このときは、そんな感じのプレイができたらいいな。。。
程度の軽いノリでしたが、アキコとの出会いで、
調教の魅力と奥深さを知り、以後のめりこんでいきます。

アキコとは、およそ1年半ほど続きましたが、
この調教経験が、私のベースとなっています。

全身愛撫、性感開発、アナル、縛り、拘束、目隠し、玩具攻め、
フェラ、様々な奉仕プレイ等々。
そのとき思いつく限りのいやらしい行為を彼女に施しました。

ソフトなプレイから、徐々にエスカレートしていき、
半年たった頃には、かなりハードなプレイになっていましたが、
彼女はそれを全身で受け止めてくれました。

毎回、興奮と快感で脳を痺れさせ、
絶頂の快感を刷り込まれ、
心身ともに従順な雌奴隷と変化していきました。

その変化の過程を見るのが、本当に楽しい。
普段は澄ました彼女が、プレイ中(=調教中)は、
いやらしいメスの顔になる。

上気して赤く染まった頬に、潤んだ瞳。
何かを期待しているかのような仕草。
一つ一つが、愛おしい。

そんな彼女を言葉でなじり、
快楽や刺激を与え、時に辱しめる。

羞恥心を煽られ、それだけでも激しく興奮し、
高ぶるようになる。

普段はとても味わえない甘美な刺激に、
脳は麻痺し、感度も否応なく高まる。

カラダも毎回の愛撫や責めで徐々に開発され、
セックスで女としての快感を深く刻み込まれる。
何度も膣壁を擦られ、奥を突かれて昇りつめる。
絶頂の快感が全身を支配し、最後はぐったりと果てる。

調教後は、控えめに甘えてくる。
時には激しい調教内容で、
精神的にも肉体的にも負担がかかっているであろう彼女が、
私に身を寄せ、甘えてくる。かわいい愛奴。

そんな甘美な、調教の日々。
私にとって、とても貴重な、人生を変える日々でした。

詳細は、時間があるときに少しずつ書いていきたいと思います。

シェアする

フォローする