【性奴隷】2人目:マキ 24歳

過去に性奴隷として調教してきた女との出来事をまとめています。

2人目の性奴隷は、24歳、マキ。
アキコ同様、2ショットチャットで知り合いました。
綺麗系のアキコとはタイプが異なり、小柄なカワイイ系。

【性奴隷】2人目:マキ

  • 年齢:24歳
  • 職業:非公開
  • 調教期間:2007年6月~2009年7月
  • 出会いのきっかけ:2ショットチャット
  • 身長-体重:155-42
  • 経験人数:3人

、、、今までで、最も長い期間調教した愛奴。

アキコとの関係が終わってからは、しばらくは以前のように、
フラフラと2ショットチャットなどで女性を探し、
単発の出会いを繰り返していました。

しかし、アキコ相手に調教を行っていた時と比べると、
あまりにも空虚で、退屈な日々。

一人の愛奴を愛で、育てる喜びを知ってしまえば、
単発の出会いでは満足できなくなって当然なのですが。

そこで、私は新たな性奴隷、愛奴を探し始めました。

何人もの女性と、チャットやメールで話をし、
時間をかけて2人目の愛奴候補を探しました。

内容が内容だけに、ネカマや冷やかしも多く、
苦労したのを憶えています。

今思えば、性奴隷になりたいとか、
そういう願望を持つ女性を2ショットチャットで探せば、
冷やかされて当然だと思うのですがw

そしてやっと知り合ったのが、彼女。

アキコとは、はじめから主従関係ではなく、
ソフトなプレイから徐々にそういう関係となっていきましたが、
マキとは初めから、主と奴隷。主従関係でスタートしました。

会う前から、チャットやメールで刷り込みや指示を出し、
性奴隷としての躾を行い、実際に出会ってからは、
がっつり調教の日々。

久々に感じた、深い充足感。
単発の出会い、遊びでは感じることができなかった満足感。

この当時は結構自由になる時間が多かったため、
調教の頻度も多い時は週1回ペースでした。

頻繁に彼女に調教を施し、躾けていく。
日に日に変化していく彼女のカラダと、
奴隷としての従順な姿勢。

詳細はまた、時間があるときに少しずつ書いていきたいと思います。

シェアする

フォローする