【性奴隷】3人目:ミドリ 30歳

過去に性奴隷として調教してきた女との出来事をまとめています。

3人目の性奴隷は、30歳、ミドリ。
某出会い系SNSで知り合いました。

【性奴隷】3人目:ミドリ

  • 年齢:30歳
  • 職業:会計士
  • 調教期間:2009年8月~2009年11月
  • 出会いのきっかけ:出会い系SNS
  • 身長-体重:165-58
  • 経験人数:6人

私が今まで調教してきた奴隷の中で、最年長。
調教期間は最も短い、およそ3ヶ月。
短いですが、色んな事がありました。追々書いていきますが。

私と出会う前に、既に別の男に調教を受けていたという、
いわば「中古」の奴隷です。

職業は会計士。普段はバリバリ仕事をこなす「出来る女」。
そんな女性が、裏では「性奴隷」としての日々を送っていたわけです。

前の主(あるじ)とトラブルがあって別れた後、
しばらくは普通に日常を送っていたが、
時間が経つにつれ、欲求不満がつのり、
調教された日々を思い出す。

他の男と付き合ってSEXしたり、自慰で慰めるも、
どうしても満足できない。

調教により、普通のSEXや自慰では、
とても満足できないカラダに変えられてしまった状態。
主を失った奴隷は、あてもなく彷徨う。

そんな状態の彼女と、某出会い系のSNSで知り合いました。

、、、彼女のような、いわゆる「出来る女」「優秀な女」は、
内面ではカナリのストレスを溜めこんでいたりするものです。

彼女にとって、そのストレスを発散させてくれるのが、
誰かに「支配される」行為であり、
言われるがまま従い、「隷属」すること。

そして、「肉体的な快楽」を受けることによって、
「精神的な快楽」と、「肉体的な快楽」を同時に満たすことができる。

、、、この深く、甘美な快楽は、経験した者にしかわかりません。

続きは時間があるときに、少しずつ書いていきます。

シェアする

フォローする