【リナ】初出会いの続き。着衣のまま。立った状態で好き勝手に弄り回す

愛奴、リナとの初出会いの続きです。

・・・入室して早々、後ろから抱きつかれ、
全身を好きに撫でまわされ、弄り回されたリナ。
既にハァハァと息を荒げ、体温が上がっている。

そんな彼女を壁へと追いやり、
壁に両手をつかせ、尻を突き出すように促す。

控えめに尻を出していたので、
彼女の尻たぶを両手でつかみあげ、
もっと高く突き出すように伝えながら姿勢を無理やり変えさせる。

薄手のスカート越しに、
彼女の丸みを帯びた尻が強調されて浮かび上がる。
そのまま両手で尻を優しく撫でまわすと、
また息を荒げ、切なげな喘ぎ声を漏らす。

不意に、彼女の尻に私の股間を密着させる。
硬くいきり立っている私のモノが、
彼女の尻肉の割れ 目に密着して、押し付けられる。

両手で彼女の尻たぶを鷲掴みにしたまま、
股間のモノをグリグリ擦り付けていると、
恥ずかしそうにしながらも、さらに息を荒げて喘いでいる。

尻を掴んだ両手を離し、今度は後ろから両方の乳房を鷲掴みにする。
股間にモノを押し付けたまま、両方の乳を揉みしだく。

そうしているうちに、徐々に姿勢が崩れてきたので、
再度、彼女の尻を掴みあげて、彼女に伝える。

「足をもっと開いて。尻を高く突き出して。」

ビクっ!と反応した彼女。
すぐさま言われたとおりに姿勢を正す。

「固いもの擦りあてられて。興奮したのか?」

「・・・はいっ。します。。。すごく興奮します」

ハァハァと息を荒げ、立ったまま両手を 壁に突き、
両足を肩幅より広く開いた状態で尻を突き出しながら、
うつむいて恥ずかしそうに返事をする。

「まだ始まったばかりなのに。いやらしい女だな」

吐き捨てるように言いつつ、
今度はバックで奥をズンズン突くように、腰を動かす。

二人とも着衣のままだが、
私の堅くなったペニスが、彼女のアソコに何度も押し当てられる。
小刻みに、コンコンと彼女のアソコをノックするように突くと、
それに合わせて喘ぎ声をあげる。

「あっ!あっ!あっ!あっ!」

いやらしい嬌声を漏らしながら、
ガクガクと全身を震えさせている。

しばらくそうした後、
動きを止め、彼女をこちらに向き直させて、
彼女の頭を両手でつかんで顔を覗き込む。

・・ ・頬が赤く染まり、惚けたような厭らしい表情。

無遠慮に彼女のスカートをまくりあげ、
下着の中に手を挿し込む。
秘部の割れ目に指を這わすまでもなく、
触れただけで、アソコが十分に濡れそぼっているのがわかる。

「ちょっと弄っただけなのに。こんなに濡らして」

ボソっとそう伝えると、耳まで真っ赤にしながら俯く。

・・・初めての出会いにも関わらず、
着衣のままの愛撫でも、こんなに興奮し、
アソコをびしょびしょに濡らしている。

彼女が元から持っている「淫乱」な性質もあると思いますが、
前回書いた「下準備」も、確実に効いているでしょう。

今日までに、性的な知識を教えたり、
いやらしいイメージを刷り込んだり自己開発を進めさせたり 。
性的な欲求不満が募るようにもしました。

与えられる快感に敏感に反応するように、
脳もカラダも会う前から「調教」を進めていたわけですが、
ここまでの成果は上々。

さて。ここからが本番。
ベッドに移動し、本格的な調教開始です。

長くなってしまいましたので、ここでまた一端切ります。
続きは近日中に書いてアップします。