【リナ】初出会いの続き。性感開発で厭らしいメスのカラダへと変えていく

愛奴、リナとの初出会いの続きです。

全身を弄り回され、散々焦らされたあとに、
左右の乳首とクリトリスの「三点同時責め」で、
派手にイったリナ。

全身を突っ張らせ、ビクビクと痙攣したあと、
ぐったりと弛緩し、横たわっている。
そんな彼女の肌を軽く撫でながら、息が整うのを待つ。

少し呼吸が整ってきたところを見計らって、
また両方の乳首に手を伸ばす。

彼女の後ろから、
人差し指と親指で摘まみ、コリコリとしごく。

乳首いじり

強くしごいたり、優しくしたり。
緩急をつけながら乳首だけを重点的に責める。

乳首へと送り込まれる刺激に、
先ほど達したばかりの彼女のカラダが敏感に反応する。
太腿を閉じ、モジモジさせながら喘いでいる。

乳首は多くの女性が感じる性感帯ですが、
個人差があります。

最初は何も感じなかったり、
くすぐったかったり痛がる女性もいます。
しかし、弄りづづけ開発していくと、
かなりの高確率で快感を得られるようになる場所です。

リナは既に乳首を刺激されて良い反応を示していますが、
更に感度をあげるため、しっかりと時間をかけて弄り回しました。
乳首でも感じ、喘ぐいやらしいカラダへと変えていく。
その為のステップです。

・・・散々弄り回されはしたけれども、
乳首で絶頂に達することはできず、もどかしい様子。

閉じていた両足に手をかけ、左右に割り開くと、
股間はじっとりと、やらしく濡れそぼっている。

彼女の濡れた割れ目に、人差し指を這わせる。
ヌルヌルと滑りがよく、いやらしい汁が指に絡みつく。

指がクリトリスをかすめるたびに、
彼女の口から喘ぎ声が漏れる。

滑りが良いのをいいことに、
彼女のクリトリスに人差し指と中指を押し当て、
強めに何度も、しごきあげた。

「ああああああっ!あんっ!あんっ!あんっ!」

ビクっ!とカラダを震わせ、身をよじる。

そんな彼女をおさえつけるように、
左手で彼女の乳房を鷲掴みつつ、
さらにクリトリスを責めた。

「あああっ!イクっ!!」

・・・全く余裕のない様子で、あっさりと昇りつめた。

さっきイったばかりなのに、すぐに二度目の絶頂。
ベッドの上で横たわりながら、ハァハァと荒く息を吐いている。

2本の指にまとわりついた、彼女の体液。
その指を彼女の口の中へと差し込む。

「むぐっ・・・」

少し驚いた様子だったが、
すぐに私の意図を理解したのか、
2本の指を口に含んだまま、ちゅぱちゅぱと舐めまわす。
秘部をかき回し、汚れた指を舐めさせ綺麗にさせる。

「いやらしい味だろ」

「・・・はい」

うっとりした表情で、返事を返す。

最初は「汚い」などと思う女性もいますが、
そのような小さなことは気にせず、舐めて綺麗にさせます。
このような行為も、すぐに慣れるものです。

綺麗になった2本の指を再度、
彼女のアソコへともっていく。

まだしっとりと濡れている彼女の割れ目に指を這わせ、
綺麗にさせたばかりの指を濡らす。

そして今度は、その2本の指を、
彼女の中へと挿し込んだ。

「ううっ・・・」

挿入の間隔に軽く呻いたが、
じっとり濡れたアソコは、あっさりと2本の指を飲み込んだ。

ゆっくりと、指を奥まで挿しこむ。
そして、彼女の膣内の性感帯を探るように指を動かす。

まずはGスポット付近を擦りあげる。
Gスポットは結構見つけやすく、
経験が少ない女性でも反応があることが多い性感帯。

リナのGスポットも、すぐに見つかった。

「ああっ!!」

彼女の感じるポイントを集中的にこすりあげる。
何度も気持いい部分を弄られ、身をよじる。

「ああ、、変っ、変です。。」

今まで感じたことが無い快感に、
戸惑いの様子で、そう呟く。

「Gスポットだよ」

そう伝え、また責めを続ける。

目を閉じ、口は半開きの状態で、
ハァハァと息を吐きながら、喘いでいる。

しばらくそうやって、
Gスポットを重点責めしていたが、
絶頂には達しなかったため、
指の位置を変える。

一端指が抜ける手前まで引き抜き、
今度はお尻側の奥へと指を挿し込む。

Gスポットとはまた別の性感帯、
「ポルチオ性感」を探る。

「子宮口」付近を慎重に、優しく弄ったり、
「子宮口」をテコにして、子宮と内臓を揺さぶるようにグっ、グっと押してみたり。

ポルチオ性感は、開発に時間がかかる性感帯ですが、
ここでイクことを覚えると、一度のセックスで何度も、
深い快感を感じることができるようになります。

奥まで深くペニスを挿入され、
膣内をかき回され、奥を突かれ揺さぶられ、
何度も絶頂の波が押し寄せる。

私は今まで調教した女性以外にも、
同じように「ポルチオ性感」の開発をしてきましたが、
個人差はありますが、殆どの女性が上記のように、
何度もイけるようになります。

私が愛奴を調教するうえで、
一つの大きな目標が、このポルチオ性感の開発です。

クリトリスやGスポットはもとより、
このポルチオ性感も開発し、
毎回調教やセックスのたびに深い快感を感じ、イき果てる。
そうしながら、快楽を脳やカラダに染みこませていくのです。

・・・リナのポルチオ性感を探り、
刺激してみましたが、さすがに反応が薄く、
まだまだ未開発な状況でした。

しかし、これでいいのです。
これから調教し、開発していく楽しみが増すというものです。

毎回会うたびに、彼女の性感帯を開発する時間をしっかり取り、
いやらしい雌のカラダへと変えていく。
この過程が、なんとも甘美で愉しいのです。

長くなってしまいましたので、ここでまた一端切ります。
続きは近日中に書いてアップします。

シェアする

フォローする