【リナ】再開までに。会わずに仕込む。

最初の調教が終わったのち、
彼女から今後も性奴隷として、
調教を続けて欲しいとの申し出があったので、
今後も継続して「性奴隷」として仕込んでいくことに。

▼最初の調教の様子はこちらをご覧ください

1.【リナ】新たな愛奴との日々。21歳女子大生、リナ
2.【リナ】ファーストコンタクトから初出会いまでの下準備。
3.【リナ】初出会い。強い緊張状態からの変化
4.【リナ】初出会いの続き。着衣のまま。立った状態で好き勝手に弄り回す
5.【リナ】初出会いの続き。全身愛撫の快楽責め。三点責めで激しく絶頂
6.【リナ】初出会いの続き。性感開発で厭らしいメスのカラダへと変えていく
7.【リナ】初出会いの続き。セックスで仕込む

・・・私は「性奴隷志願のM女性へ」のページで、
下記のとおり告知しています。

継続して調教し、性奴隷へと仕込んでいきますので、
1度きりや、短期の関係は望んでいません。
(しかし、1度会って合わなかったら継続しなくて結構です)

・・・これは当然のことなのですが、
一度会ってみて、私の調教が合わないと感じたら、
一度きりの関係で終わった方がよいのです。
無理に続けても、良いことなど一つもありません。

ですので、一度目の調教が終わったあとは、
私から「次も・・・」などというようなことは伝えません。
相手が今後も続けてほしいと思うかどうか。
これが重要です(あくまで、私のやり方ですが)

リナは今回、調教が終わってホテルの部屋を出る際に、
継続の話を伝えてきました。
これがある意味「正式な奴隷契約」と言ったところでしょうか。

その後、次の予定を決めたわけですが、
会うまでの間にも、メールで具体的な指示を出したりして、
彼女を調教し、仕込んでいきます。

この、会わない期間をどのように過ごすかが、結構重要なのです。

特に、「性奴隷として調教されたい」などという想いを持った女性は、
支配されたい、管理されたい、好きなような扱われたい。
などという想いを強く持っているので、
会わないでいるときにも、仕込みが重要なのです。

シェアする

フォローする